FX自動売買を利用する

By: Dennis Hill

FX自動売買とは自分の考えを取引方法に反映させ手作業でトレードすることの反対で、インディケーターなどを使用し厳格なルールを決めて取引をすることです。裁量取引ではその場の雰囲気や経験などに手法が左右されるところがあるので、人に伝える際にも再現性に乏しいというマイナス面がありますが、FX自動売買ではその心配はありません。

ですので有効なルールがあるのであれば人に伝授することも可能なのです。FX自動売買では通常複数のインディケーターの数値を利用します。トレンド系やレンジでのリバウンド狙いなど手法によって、MACDや移動平均線などのトレンド追随型の指標、RSI,ストキャスティックスなどのオシレーターを利用するのか違いがあります。プログラミングが得意な人であれば、自分で取引しなくても取引ルールを書き込めば機械が自動で取引をしてくれます。

大手のファンドなどで歴史的に有名なのはタートルズでしょう。手法を伝授するということで全くの素人を試験で選抜して採用しました。ルールは意外と単純でブレイクアウトのシステムなのですがマネーマネジメントや損切りなども厳格に決められているのです。どんなに実績のあるFX自動売買でも人間の中にある独創性を発揮したいという気持ちが邪魔をしてルールに従えないことがあります。FX自動売買を遂行する上での敵は実は自分自身なのかもしれません。

また、LTCMという巨大ファンドはノーベル賞受賞者を看板に掲げ、市場間のアービトラージをシステム化し実行していました。取引ルール自体には穴はなかったのですが、会社で扱う金額が巨大となり流動性が低下して損を出し、顧客のお金を失い会社も倒産してしまいました。FX自動売買が有効なのは巨大なマーケットで流動性が高いことが第一の条件です。システムに優位性があっても取引できるのは年に1回のみなどだと機能するかのデーターが少なすぎるのです。

標準

FX自動売買は検証が大事

By: Nick Kenrick

最近ではたくさんの人が、FXや株式トレードを行っています。こうした背景には、インターネットの発達が大きく関係しているということ言えます。また、手軽にトレードをすることができるようになっただけではなく、トレード方法にも新たな方法が確立され始めています。中でもFX自動売買というトレード手法は、自分に代わって機械が自動売買を繰り返すので、これまでのようにパソコンの画面をずっと見ている必要がありません。

ただし、FX自動売買を採用すれば誰でも利益を上げることができるということではありません。FX自動売買を利用するに当たっては、何よりもトレード結果の検証が大事になってきます、FX自動売買は、最初に売買ルールを設定して機械に売買をしてもらうわけですが、この最初の売買ルールが悪いと利益を重ねるどころか、損失を繰り返す取引をしてしまうということになります。特に、FX自動売買は機械が行うので、人間のように臨機応変に売買をしません。

ですから、最初の売買ルールの設定が一番重要になってきます。しかし、いきなり最高の売買ルールというものをつくることができるわけではありませんから、何度か検証してみて最適だと思われる売買ルールを見つけることになります。自分で売買ルールをつくってFX自動売買をする場合は、検証ソフトなどを使って検証をしてみるという方法があります。設定は、チャートの指標を組み合わせて行っていきます。

FXや株式にはチャートという値動きを表したものがありますが、このチャートにあるあらゆる指標を使って、どのような時になったら買うのか、どのようになったら売るのかといった売買ルールを決めていきます。中には、このような設定が良く分からなかったり、自分でやるのは抵抗があるというのであれば、金融機関で提供しているプロが作成した売買ルールがありますから、それを自分で選択してFX自動売買を行ってもよいかもしれません。プロが作成した売買ルールでFX自動売買をする場合でも検証は必要になってきます。

標準

FX自動売買で儲けが出ない理由とは

By: David~

現在インターネット上でFX自動売買として運用されているような半自動、全自動の取引ツールは、今まで利用したことが無い人にとって「無条件で儲けを出してくれるツール」というような先入観を持たれてしまうことがあります。

ですがもしFX自動売買が本当に無限の儲けを出せる魔法のツールであったのであれば、今頃マジメに働いている人はいないはずです。いかに便利なFX自動売買といえども負けることはあり、儲けが出ないということはあるのです。むしろ個人投資家全体を見ると長期的に儲けている人は10%もいないという説もあるほど、FXで儲けを出すのは難しいのです。

ではFX自動売買を利用してなお儲けが出ないという理由はどこにあるのかというと、まず最も大きいのがストラテジーの選択基準が理解できていない場合です。FX自動売買を利用する際にはストラテジー、売買判断の基準を選定する必要がありますが、これはそれぞれのストラテジーによって判断に違いが出ます。

そのため状況に合わせて選定をしなくてはならないのに「システムなのだから自動で最も良いものを選んでくれる」というように思いこんでしまう人がいるのです。そうなってしまえば、システムは間違った判断基準によって間違った取引を繰り返し、結果的に損を生み出すだけになります。

また、FX自動売買であるにも関わらず感情を介入させてしまうという人も儲けを出せない傾向があります。例えばシステムの運用を始めてすぐに「少し裁量トレードもやっておこう」というようにトレードを並行させたり、状況を見て何度も「ストラテジーをいじってみよう」というようにするのでは、全く意味がありません。

確かに人が判断する情報は重要ですが、FX自動売買の本質は長期的な分析に基づく取引であり、短期的な感情に基づく取引ではありません。それを行ってしまうのであれば、最初から裁量トレードだけをした方が良いのです。どのような物でも使う人によってその価値は変わります。そのため使用するのであればその価値を最大限に引き出せるような活用を意識しましょう。

標準

人民元の2日続落とともにオセアニア通貨も下げる

By: Official GDC

米ドル円は前日の東京時間に引き続き堅調。125円を回復して底堅いイメージです。現在125.20で、高値更新中であります。クロス円全体を見ていくと前日比プラスは米ドル円だけです。豪ドル円を見てびっくり。先ほどは91.60辺りにいましたが、目を離した隙に91円割れしています。きのうに引き続き調子が悪いです。

居たのは90.96でチャートを開く前にレートの動きを見ただけで、下に行く力を持っていることがわかります。なんか、がっかり。どうしてこうなったのかを前日に遡ってみると思い当たることがあります。前日の東京時間に人民元が大幅に切り下げられたのです。固定相場制である人民元のレートを切り下げることに踏み切った理由が8月8日に発表された中国輸出の減少にあります。切り下げは輸出にとって有利な状況を作り出します。切り下げることで景気を下支えしていこうと行動をとったのです。

マイナスなことばかりではないのに豪ドル円はやばい状況だと感じたのでしょう。ユーロ円、ポンド円も下げましたが、下落幅では豪ドル円がトップの150PIPSでした。切り下げたことをこんなに大事に捉えた豪ドル円だから、きっと今日も尾を引いての反応でしょう。だいたいのことを把握したうえでニュースをチェックするとやっぱり人民元でした。今日も引き続き関心は人民元のこと。先ほど人民元の基準レートが発表されて1ドル当たり6.3306元となったそうです。

きのうよりも安くなったことで為替市場ではドル高が優勢となりました。それで米ドル円は強く、豪ドル円は弱いわけです。しかもマイナス2桁で寄り付いた日経平均は、これを受けて200円超えの下げ幅となりました。ユーロ円やポンド円はどうなのかチェック。ユーロ円は先ほどのマイナス圏からプラス圏へと進んできました。ポンド円は安値更新です。きのうはユーロ円も下げていたのに、今日は違っている。オセアニア通貨は今日も変わらず大幅安。もう、こんな東京時間は嫌だ。

標準

FXには自分の力で切り開いていくくらいの気持ちが必要

By: Tom Hentoff

誰にとってもパソコンを使えることはある意味当たり前になってきましたが、一方でFXをする人が当たり前になったかというとそれはまだまだです。それはどうしてかといえと、FXについて全然知らないという人が多すぎるからかもしれません。FXはギャンブルのつもりでやっているのならば、毎月の給与なみの収入は難しいです。

なぜかというと、FXを極めるためには頭を使わないといけないからです。リスクマネジメントや損切りをすることを怠っては、ギャンブル感覚からの脱却はできません。過去の為替レートのデータから鑑みて、通貨ごとの特徴を捉えることが大切なのです。そうすれば毎月の給与なみの収入に、一歩でも近づくことが可能なのです。

また、FXのルールを理解することもギャンブル感覚からの脱却には重要です。FX独自のスプレッドの意味は、なぜ往復でかかるのかを理解できていますか。そういう当たり前のルールを理解することが大切なのです。そしてFXには精神的なものも欠かせません。ネバーギブアップの強い精神がないと途中で道半ばになってしまいます。

また、FXは人々に左右されないことも利益には必要になります。あまりに最初からいろいろなことを知りすぎると、頭の中がパンクしてその時々で一番いい方法が選択できません。それを防ぐためには、FXを自分の力で切り開いていくくらいの気持ちがなければいけません。

まずは少ない金額からスタートしてみることがいいでしょう。そうすれば負けても損害が少ないので、負けても全然腹が痛みません。デイトレーダーとして少ない金額を動かしてたくさん経験を積めば、そのうち何かがつかめるかもしれません。FXをはじめるからといって気負わずに質の高い取引を続けていけば、自分なりの道ができてきます。正しい知識を学ぶためにいろいろなことをはじめるのはいいですが、自分が許容オーバースペックにならないように気をつけて、自分なりにマイペースにFXをしていくことが大切です。

標準

FX取引におけるスキャルピング取引の注意点

By: Thwipster

FXの取引では短期取引で利益を得る方法が注目されておりますが、その中でも特に短いスパンで取引するような超短期売買のトレード方法をスキャルピングと呼ぶことがあります。スキャルピングのような超短期取引はシステム障害などの弊害が発生することがあるために、スキャルピングを規制するというFX会社も少なからず登場するようになってきておりますが、現状では法律などでは規制されておりませんので、手動によるスキャルピングなどの超短期取引は認められていると考えていいと思います。

スキャルピングのような超短期の取引では、為替の一定期間において一定方向に相場が動くという特性を利用して取引を行うというものであり、一定方向に動いている為替レートの最小の時間単位で多くの利益を得るという方法で、短期売買の中でも最も短い間隔で行われる取引を示すものとなっております。実際に行われるスキャルピングの取引は数秒あるいは数分の取引となっておりますので、一般的なデイトレードを極小化させた取引方法であると考えることができると思います。

スキャルピングの取引としては非常に短い時間で売買を成立させることからもわかるように、利益幅は非常に小さなものになってしまいますが、その確実性からスキャルピングを主な取引方法としているFXトレーダーの方も登場するようになってきております。

もしスキャルピングでFXの取引をしたいという方がいらっしゃいましたら、超短期の時間で為替レートが動くということが必須となってきますので、開かれているマーケットが活発に動いている時間帯を狙って取引をするということが大切になってくると考えられます。また、短期売買でスキャルピングをしてみたいという方は、それなりに相場の変動を読み取れるような勘と経験、さらには技術が必要になってくると考えられますので、ある程度FXトレードに熟練されているという方にお勧めの方法になってくると考えられます。

標準