FX取引におけるスキャルピング取引の注意点

By: Thwipster

FXの取引では短期取引で利益を得る方法が注目されておりますが、その中でも特に短いスパンで取引するような超短期売買のトレード方法をスキャルピングと呼ぶことがあります。スキャルピングのような超短期取引はシステム障害などの弊害が発生することがあるために、スキャルピングを規制するというFX会社も少なからず登場するようになってきておりますが、現状では法律などでは規制されておりませんので、手動によるスキャルピングなどの超短期取引は認められていると考えていいと思います。

スキャルピングのような超短期の取引では、為替の一定期間において一定方向に相場が動くという特性を利用して取引を行うというものであり、一定方向に動いている為替レートの最小の時間単位で多くの利益を得るという方法で、短期売買の中でも最も短い間隔で行われる取引を示すものとなっております。実際に行われるスキャルピングの取引は数秒あるいは数分の取引となっておりますので、一般的なデイトレードを極小化させた取引方法であると考えることができると思います。

スキャルピングの取引としては非常に短い時間で売買を成立させることからもわかるように、利益幅は非常に小さなものになってしまいますが、その確実性からスキャルピングを主な取引方法としているFXトレーダーの方も登場するようになってきております。

もしスキャルピングでFXの取引をしたいという方がいらっしゃいましたら、超短期の時間で為替レートが動くということが必須となってきますので、開かれているマーケットが活発に動いている時間帯を狙って取引をするということが大切になってくると考えられます。また、短期売買でスキャルピングをしてみたいという方は、それなりに相場の変動を読み取れるような勘と経験、さらには技術が必要になってくると考えられますので、ある程度FXトレードに熟練されているという方にお勧めの方法になってくると考えられます。

標準