FXには自分の力で切り開いていくくらいの気持ちが必要

By: Tom Hentoff

誰にとってもパソコンを使えることはある意味当たり前になってきましたが、一方でFXをする人が当たり前になったかというとそれはまだまだです。それはどうしてかといえと、FXについて全然知らないという人が多すぎるからかもしれません。FXはギャンブルのつもりでやっているのならば、毎月の給与なみの収入は難しいです。

なぜかというと、FXを極めるためには頭を使わないといけないからです。リスクマネジメントや損切りをすることを怠っては、ギャンブル感覚からの脱却はできません。過去の為替レートのデータから鑑みて、通貨ごとの特徴を捉えることが大切なのです。そうすれば毎月の給与なみの収入に、一歩でも近づくことが可能なのです。

また、FXのルールを理解することもギャンブル感覚からの脱却には重要です。FX独自のスプレッドの意味は、なぜ往復でかかるのかを理解できていますか。そういう当たり前のルールを理解することが大切なのです。そしてFXには精神的なものも欠かせません。ネバーギブアップの強い精神がないと途中で道半ばになってしまいます。

また、FXは人々に左右されないことも利益には必要になります。あまりに最初からいろいろなことを知りすぎると、頭の中がパンクしてその時々で一番いい方法が選択できません。それを防ぐためには、FXを自分の力で切り開いていくくらいの気持ちがなければいけません。

まずは少ない金額からスタートしてみることがいいでしょう。そうすれば負けても損害が少ないので、負けても全然腹が痛みません。デイトレーダーとして少ない金額を動かしてたくさん経験を積めば、そのうち何かがつかめるかもしれません。FXをはじめるからといって気負わずに質の高い取引を続けていけば、自分なりの道ができてきます。正しい知識を学ぶためにいろいろなことをはじめるのはいいですが、自分が許容オーバースペックにならないように気をつけて、自分なりにマイペースにFXをしていくことが大切です。

標準